聖護院八ッ橋総本店の歩み

江戸

元禄2年
(1689年)

八橋検校の墓参に訪れる人たちに向けて八ッ橋を作り、現在の本店の場所にて販売をはじめました。

明治

明治23年
(1890年)

京都で開かれた第四回内国勧業博覧会に、八ッ橋を出品しました。

明治38年
(1905年)

七条駅(現在の京都駅)にて販売をはじめました。

大正 大正4年
(1915年)

京都で、大正天皇の即位の礼が行われました。この時、八ッ橋がご好評をいただきました。

大正15年
(1926年)

個人企業から株式会社聖護院八ッ橋総本店を設立しました。京都の菓子屋では初めての法人化となりました。

工場風景

当時の工場風景。日本髪の女性が、釜を使って八ッ橋を焼いている。

工場風景

ロゴは、文字の左右は逆だが、現在と同じ形。

昭和 昭和3年
(1928年)

京都で、昭和天皇が即位されました。この時も、八ッ橋がご好評をいただきました。

昭和13年
(1938年)

38名の同業者とともに、京都八ッ橋工業組合を結成しました。

昭和15年~
(1940年~)

第二次世界大戦の影響で、原料の入手が難しくなりました。原料が配給制になり、製造量が制限されました。その一方で、パンを作ったり、軍に八ッ橋をおさめていたということもありました。

包装紙

「陸海軍ご用達」の文字が見られる当時の包装紙

包装紙
昭和23年
(1948年)

戦時中の統制により、同業者の廃業が続いたこともあり、改めて京都八ッ橋商工業協同組合を発足しました。このとき、当社社長(鈴鹿隆信)が理事長に就任しました。

昭和24年
(1949年)

第一回の八橋忌が開催されました。以後、毎年法要を行っています。

昭和35年
(1960年)

」のもととなる、神酒餅が誕生しました。

昭和42年
(1967年)

つぶあん入り生八ッ橋「」を発売しました。

昭和45年
(1970年)

大阪で万国博覧会が開催されました。京都への観光客が増え、八ッ橋の売り上げが一気にのび、会社の成長に繋がりました。

昭和61年
(1986年)

八ッ橋を使った喫茶「カネール」を開店しました。八ッ橋や生八ッ橋を新しいお召し上がり方で提供する、現在の「nikiniki」の発想の元となる店になりました(平成7年閉店)。

カネールのメニュー

カネールのメニュー

平成 平成11年
(1999年)

「聖」旬菓、水まんじゅうなど、商品が多様化していきました。

平成23年
(2011年)

新ブランド「nikiniki」を設立、ブランド設立とともに四条西木屋町に店舗を開きました。

  • ページの上部へ