2007年 祭菓「古都の秋」掲載時雨

 朝から降ったり止んだりの空模様ではあったのだが、外に出る時分に晴れていたことに甘え、傘を持たずに出かけた。 残念ながら、というか、矢張りというか、雨になった。
 下宿まではあと少しではあったのだが、八ッ橋屋の軒下で雨をよけることにする。 暫く眺めていると、だんだんと雨が水では無いものに見えてくるのも、不思議であった。 秋の雨は、細く見える所為かもしれない。

 「雨宿り、ですか」
 がらりと扉の音をたてると、暖簾の脇に八ッ橋屋の男が現れる。
 「お借りしています」
 頭を下げると、傘を貸そうかと尋ねてくれる。
 取り立てて急ぐ用事も無い、自由気儘な学生の身であるので、雨を眺めることにして断った。
 「では、こうしましょうか」
 八ッ橋屋は一度奥に戻ると、長椅子を出してくれた。二人で並んで、軒下から雨を眺めようと、腰掛ける。
 「ああ」
 思わず、声をあげてしまった。
 「こんなもんですわ」
 八ッ橋屋も笑う。
 雨を鑑賞するための設えであったのだが、腰をかけた時にはもう雨は止んでしまっていたのだ。細かい雨なので、途切れる瞬間がわからない。
 「さすが、なんやらと秋の空言う」
 「まさに」

 せっかく出してきたのであるからと、私と男とは並んで雨上がりを観ることとなった。奥からさらに、八ッ橋と茶が出された。
 雨上がりの路面もまた、ところどころに鋭い光が走って美しいものである。
 「風流なことで」
 通りかかった女性が声をかけてきたと思えば、大家であった。
 「雨に逃げられまして」
 「あら。またすぐに戻らはる思うけど」
 微笑んで手を翳すと、大家は蛇の目を広げる。はて、雨の気配は無いと思ったがと空を見上げると、途端に蛇の目を水が打つ音が聞こえ始めた。
 「ほらここに」
 成る程、時雨とはこのように変わりやすいかと、また水では無いかのような雨を観る。肌寒い雨であるので、熱い茶が嬉しかった。
 「矢張り、女性の方がわからはるんやな」
 八ッ橋屋が呟いた。
 「秋の空、ですからね」
 大家は涼しげな足取りで、ぱらぱらと音を鳴らす蛇の目を持って、歩いていた。

  • ページの上部へ