2010年 祭菓「古都の初夏」掲載薫風

 図書室で調べものをしていた筈が、いつの間にか転寝をしていたらしい。まだぼんやりとした頭で慌てて項を探るも、そよぐ風の柔らかさが心地良くてついつい瞼が重くなっていく。
 窓の外には、緑が鮮やかに繁っている。葉の間をすり抜けた風が、白いカーテンを揺らしていた。
 見ると、窓の近くに座る学生も、先ほどまでの私と同じ姿勢で舟を漕いでいる。この季節に勉強というのも無粋なものかもしれない、などと学生にあるまじき言い訳を思いながら、大学を後にした。

 外に出ると、緑の葉はより一層鮮やかさを増して迫ってくる。どこか足取りが軽くなるような気持ちで暫く歩くと、香ばしい肉桂の香りに混ざり、別の甘い香りが漂ってきた。新しい菓子でも作り始めたのかと八ッ橋屋の軒に出ると、ここでは肉桂しかわからない。
 「夏の匂いでしょう」
 八ッ橋屋が、いつもと同じように手を動かしながら、笑った。
 「新しい命の匂いですわ」

 山に行けばさらに濃くなるとのことで、吉田山まで歩いてみることにした。
 言われてみれば、どこか青いような甘さである。風が薫っているのか、葉が薫っているのか、すっかりと薫風に包み込まれていた。
 せっかくなので、借りてきた本を開いて読むことにする。
 そういえば図書室の窓からそよいでいたのはこの風であった、と、座って考えているうちに、こちらでもまた転寝をしてしまっていた。全く呑気なものであるな、と自分でも呆れながらも、清々しい気持ちで山を後にした。
 眠っていたためか、すっきりとした爽やかな心持になっていた。

 四辻でまた夏の匂いが濃くなった気がすると、角を曲がった先に大家が立っていた。
 「お帰りですか」
 「大学に行ったものの、薫風に負けてしまいました」
 「私も風に誘われて、買い物に」
 見れば、大家は夏の野菜をたっぷりと買い物かごに入れている。そこからも、風と同じ匂いが漂っているのであった。
 「夏の匂いですね」
 「ええ。これからいただく、命の匂いです」
 お一つどうぞ、と差し出された夏野菜から、若々しい香りが立ち上る。なるほど、と八ッ橋屋の言葉を思い出した。
 命の匂いに包まれて眠っていたからこそ、生まれ変わったかのような気持ちになったのかと、まだそよぎ続ける薫風の中で思った。

  • ページの上部へ